Ubuntu18.04にデフォルトのWineを入れた時にダブルクリックでEXEを起動できるようにする

Wineをインストールした後に、何も考えずにGUIから.exeファイルをダブルクリックするとアーカイブマネージャーが起動すると思う。
これはNautilusでダブルクリックの既定アプリケーションにWineを選択すれば起動できるようになる。

しかし、Ubuntu18.04でWineHQとかでないデフォルトのリポジトリからWineを以下のようにインストールすると、デスクトップ環境向けの設定ファイル(wine.desktop)が入っていないため、そのままでは選択できない。

#インストール先が64bit版OSの場合
sudo apt install wine64

#インストール先が32bit版OSの場合
sudo apt install wine32

なので、手動でファイルを入れる。

#すべてのユーザで選択できるようにしたい時
sudo curl -o /usr/share/applications/wine.desktop https://raw.githubusercontent.com/wine-mirror/wine/5c2d6211f6590d3856dc9188593b3d3597c8b441/loader/wine.desktop
#現在のユーザのみで選択できるようにしたい時
curl -o ~/.local/share/applications/wine.desktop https://raw.githubusercontent.com/wine-mirror/wine/5c2d6211f6590d3856dc9188593b3d3597c8b441/loader/wine.desktop

GUIで.exeのファイルのプロパティを開く。

「開き方」タブから「Wine ~」アプリケーションを選択して「追加」ボタンをクリック。

これで.exeをダブルクリックすればwineで起動するはず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ありがとう、助かりました。感謝です。

  2. kobakin より:

    すみません
    「sudo curl:コマンドが見つかりません」と出て進めませんでした。
    原因がわかりましたら教えてください。
    よろしくおねがいします。

    • yasuosaiki より:

      メッセージ通りcurlコマンドがインストールされていないと思われますので、その場合は以下のコマンドでインストールすれば進められるようになります。
      > sudo apt install curl

  3. 匿名 より:

    プロパティを開いたのですが、「開き方」がありません。「一般」と「パーミッション」になります。lubuntu-18.04を使っています。

  4. 匿名 より:

    「一般」の「開くアプリケーション」にありました。adobereaderのインストーラーがうまく起動しました。