雑文一覧

bgm.xflから切り出したwavをそれっぽいoggに整える

必要になるたびメモを探すのでこっちにも残しておく。
oggSplitを使用するため、OSにUbuntuの入っている環境が必要になり、大抵の場合は準備に手間がかかると思われる。

うろ覚えだが、対象は中身のエンコードがoggでヘッダや曲情報?がwaveと同様なファイルになっていたはずなので、正常なoggにする加工が必要となるが変換ではないため「整える」と表記する。
昔はWindowsのエンコード変換ツールでヘッダを無視できるものを使ってたはずなのだが、何だったか思い出せなかった。

手順


切り出し

X-Ripperやスペシャルねこまんま57号などでWAVを指定して切り出し。

ヘッダをoggとして整える

以下の手順はUbuntu 16.04で確認済み

頭の66バイトを削除する

tail -c +67 sample.wav > sample_tmp

必要となるoggSplitがoggvideotoolsパッケージに含まれるためインストール

sudo apt-get install  oggvideotools

oggSplitでヘッダを綺麗にする

oggSplit sample_tmp

oggSplit実行後に出力される「vorbis_0.oga」というファイルが目的物なので、oggに拡張子を変更

mv vorbis_0.oga sample.ogg

以上で1ファイルの処理が完了だが、不要な中間ファイルなどは適当に削除すること。

複数ファイルを纏めて処理する場合


ヘッダを整える部分は以下を使うと、カレントディレクトリ内をまとめて処理できる。

for file in `\find . -maxdepth 1 -name "*.wav" -type f`; do
  tail -c +67 $file > "${file:0:-4}_tmp"
  oggSplit "${file:0:-4}_tmp"
  mv vorbis_0.oga "${file:0:-3}ogg"
done