PHP一覧

libvirt-phpでWebからKVM仮想マシンの状態確認と起動

検証用の仮想マシンを動かすKVMホスト環境で、仮想マシンの状態確認と電源オンのためにvirt-managerを開いたりvirshコマンドを叩いたりするのが面倒くさかった。
Webブラウザでアクセスできれば楽だと思い、WebからGUIで管理できるソフトウェアを試したものの、しっくり来るものがなかったのでPHPで作ってしまうことにした。
Webから入力された裏でvirshコマンドを叩くような仕組みではお行儀が悪いので、libvirt-phpというPHPモジュールでPHPから直接KVMへ接続できるようにもする。

KVMホスト上にNginx+php-fpmを構築してPHPのWeb実行環境を構築。
サンプルのスクリプトはアクセス制限がないので、インターネットなど公開しているサーバの場合は不正にアクセスされないよう対策が必要。

確認環境

Ubuntu 18.04

インストール

KVM環境は既に構築されているものとする。

sudo apt install nginx \
php-fpm \
php-libvirt-php

設定

Nginxの設定

sudo vi /etc/nginx/sites-available/default
---
#indexに「index.php」を追加
        index index.html index.htm index.php index.nginx-debian.html;
---
#ソケットのパスを指定してphp実行環境を構築(例)
        location ~ \.php$ {
                include snippets/fastcgi-php.conf;
                fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.2-fpm.sock;
        }
---

Nginxを再起動

sudo systemctl restart nginx.service

php-fpmのユーザをlibvirtのグループへ追加

これをしないと権限が足りなくてqemuへ接続できなくてエラーとなる。

php-fpmのユーザ名を確認
以下なら「www-data」が対象のユーザ

$ grep "user =" /etc/php/7.2/fpm/pool.d/www.conf
user = www-data

グループへ追加

sudo adduser www-data libvirt

php-fpmを再起動

sudo systemctl restart php7.2-fpm.service

スクリプトの設置

公式?の「libvirt.php」で簡単に利用できるクラスが提供されてるのでそれを使う。

sudo mkdir /var/www/html/virt
cd /var/www/html/virt
sudo wget https://raw.githubusercontent.com/libvirt/libvirt-php/master/examples/libvirt.php

/var/www/html/virt/index.phpとして以下を保存
(仮想マシンの一覧を表示し、ボタンで起動する管理メニュー)

<?php
    require('libvirt.php');
    $lv = new Libvirt();
    if ($lv->connect("qemu:///system") == false)
        die('<html><body>Cannot open connection to hypervisor</body></html>');

    $uuid = (string)filter_input(INPUT_POST, 'dom_start');
    if ( $uuid !== '' ){
        $domName = $lv->domain_get_name_by_uuid($uuid);
        $ret = $lv->domain_start($domName) ? "<p>[ " . $domName . " ] has been started successfully</p>" : '<p>Error while starting domain: '.$lv->get_last_error().'</p>';
    }

    $doms = $lv->get_domains();
?>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>PHP Virt Start</title>
</head>
<body>
<?php if(isset($ret)) echo $ret; ?>
<table>
    <tr>
        <th>Name</th>
        <th>State</th>
        <th>Start</th>
    </tr>
<?php foreach ($doms as $name) :
    $dom = $lv->get_domain_object($name);
    $uuid = libvirt_domain_get_uuid_string($dom);
    $info = $lv->domain_get_info($dom);
    $state = $lv->domain_state_translate($info['state']);
    $disable = $lv->domain_is_running($name) ? ' disabled' : '';
?>
    <tr>
        <td><?php echo $name; ?></td>
        <td><?php echo $state; ?></td>
        <td>
            <form method="POST" action="#">
                <input type="hidden" name="dom_start" value="<?php echo $uuid; ?>">
                <button type="submit"<?php echo $disable; ?>>Start</button>
            </form>
        </td>
    </tr>
<?php endforeach; ?>
</table>
</body>
</html>

一応ownerをNginx/PHPのユーザに変更。

sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/virt

アクセス

「http://(サーバのIPアドレス)/virt/」でアクセスする。

libvirt-phpの使い方の参考

ソースと一緒に公開されてるサンプルぐらいしか参考にできるものが見つからなかった。
https://github.com/libvirt/libvirt-php/tree/master/examples


PHPでTwitterのプロフィール情報の一部を他のアカウントと同期する

Twitterで複数アカウント使ってる場合に、プロフィール画像 等を一緒に変更するのが面倒くさいので、PHPスクリプトをCRONで叩けば同期できるようにしてみました。
TwitterAPIが必要なため、事前に承認作業をしとく必要があります。

TwitterOAuthでは画像のPOSTが難しい?らしく、ググッて引っかかったUltimateOAuthを使用させていただくことにしました。

[UltimateOAuth]
 https://github.com/danielsum/UltimateOAuth/

コードは以下。

<?php

$consumer_key = " "; // Consumer keyの値
$consumer_secret = " "; // Consumer secretの値
$access_token = " "; // Access Tokenの値
$access_token_secret = " "; // Access Token Secretの値

$ultimateoauth  =   "UltimateOAuth.php";
require_once($ultimateoauth);

// OAuthオブジェクト生成
$uo = new UltimateOAuth($consumer_key,$consumer_secret,$access_token,$access_token_secret);

$result = $uo->OAuthRequest(
    "https://api.twitter.com/1.1/users/show.json",
    "GET",
    array( "user_id"=>"*********" ) //プロフィール取得対象のユーザID
    );

/*** プロフィールイメージの処理 ***/
//大きいサイズのプロフィールイメージURLを取得
$profileImageUrl = str_replace('_normal', '', $result->profile_image_url );
$profileImage = file_get_contents( $profileImageUrl );
$uo->OAuthRequest(
    "https://api.twitter.com/1.1/account/update_profile_image.json",
    "POST",
    array('image' => base64_encode($profileImage) )
    );


/*** バックグラウンドイメージの処理 ***/
$profile_banner_image = file_get_contents( $result->profile_banner_url );
$uo->OAuthRequest(
    "https://api.twitter.com/1.1/account/update_profile_banner.json",
    "POST",
    array('banner' => base64_encode($profile_banner_image) )
    );


/*** プロフィールメッセージの処理 ***/
$uo->OAuthRequest(
    "https://api.twitter.com/1.1/account/update_profile.json",
    "POST",
    array('description' => $result->description )
    );