Vimの自動整形を設定で恒久的にオフにする

 Ubuntu 20.04でVimを使おうとしたら自動整形がデフォルトでオンになっており、適当にコピペしたら勝手にインデントやコメントアウトが入ってビビった。
 使い方によると思いますが、自分の場合は無いほうが扱いやすいのでオフにする設定をメモしておく。

確認環境

  • Ubuntu 20.04 LTS
  • VIM version 8.1.2269

設定方法

一般ユーザ

mkdir -p ~/.vim/after/plugin
cat <<'EOF' | tee -a ~/.vim/after/plugin/common-settings.vim
autocmd Filetype * set formatoptions-=r
autocmd Filetype * set formatoptions-=o
EOF

rootユーザ(およびsudoで実行時のvim)

sudo mkdir -p /root/.vim/after/plugin
cat <<'EOF' | sudo tee -a /root/.vim/after/plugin/common-settings.vim
autocmd Filetype * set formatoptions-=r
autocmd Filetype * set formatoptions-=o
EOF

コメント

タイトルとURLをコピーしました