Ubuntu 16.04に新しいカーネルをインストールしてBBRを使用する

BBRとは

Linuxカーネルの4.9からGoogleが開発したBBRというアルゴリズムを通信に使えるらしい。
古いアルゴリズムと比べてTCPの転送速度が早くなるらしい。なら使わなきゃ損でしょ。
でもUbuntu 16.04のデフォルトのカーネルは古くて対応してないので、新しいものを入れてBBRの設定もする手順を残しておく。
Ubuntu 18.04ならカーネルが4.15らしいので設定するだけで使えそう。もしかするとデフォルトでオンになるかもしれないけど。

確認環境

  • OS : Ubuntu 16.04.3

新しいカーネルのインストール

カーネルパッケージの一覧を確認

apt-cache search linux-generic

以下のように表示される

~~~
linux-image-4.13.0-32-generic - Linux kernel image for version 4.13.0 on 64 bit x86 SMP
~~~

特にこだわりはないので例では確認時点の最新版(linux-image-4.13.0-32-generic)をインストール

sudo apt install linux-image-4.13.0-32-generic

BBRの有効化

「/etc/sysctl.d/10-custom-kernel-bbr.conf」ファイルを作成

sudo vi /etc/sysctl.d/10-custom-kernel-bbr.conf
#以下を記述して保存
---
net.core.default_qdisc=fq
net.ipv4.tcp_congestion_control=bbr
---

カーネルの有効化も兼ねて再起動

sudo reboot

BBRの設定を確認

sysctl net.core.default_qdisc
sysctl net.ipv4.tcp_congestion_control

---
#こうなる
$ sysctl net.core.default_qdisc
net.core.default_qdisc = fq
$ sysctl net.ipv4.tcp_congestion_control
net.ipv4.tcp_congestion_control = bbr
---

これで設定完了。

時間ができたら実測してみた値とかまとめたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする