Ubuntu16.04にnginx-rtmp-moduleを入れてRTMP配信をする

最終的にストリーミングキーにパスワードを入れる簡易認証について書くのですが、全て一つの投稿にすると長くなるのでまずは前段の環境構築から。
[追記] RTMPSできないと中間者攻撃対策できなくて、nginx-rtmp-moduleで対応していないということもあり一旦保留。

RTMPについて


ストリーミングでデータをやり取りするためのプロトコルで、ここでは映像をライブストリーミング(生放送)するために使用する。
通常利用するポートはTCP 1935番。

NginxでRTMPを扱うためのモジュールが公開されており、ソースに追加してMakeすることで利用可能。

確認環境


  • ubuntu 16.04

インストール手順


必要パッケージのインストール

makeするために必要なものを一通り準備。

sudo aptitude install build-essential libpcre3 libpcre3-dev libssl-dev unzip

Nginxのソースとrtmpモジュールをダウンロードしてmake/install

mkdir -p ~/work/nginx
cd ~/work/nginx

wget http://nginx.org/download/nginx-1.11.7.tar.gz
wget https://github.com/arut/nginx-rtmp-module/archive/master.zip

tar -zxvf nginx-1.11.7.tar.gz
unzip master.zip

cd nginx-1.11.7/

./configure --user=www-data --group=www-data --with-http_ssl_module --with-http_realip_module --add-module=../nginx-rtmp-module-master

make
sudo make install

サーバ起動時に自動起動するためSystemdにサービスとして登録

sudo vi /lib/systemd/system/nginx.service

/lib/systemd/system/nginx.service

[Unit]
Description=The NGINX HTTP and reverse proxy server
After=syslog.target network.target remote-fs.target nss-lookup.target

[Service]
Type=forking
PIDFile=/run/nginx.pid
ExecStartPre=/usr/local/nginx/sbin/nginx -t
ExecStart=/usr/local/nginx/sbin/nginx
ExecReload=/bin/kill -s HUP $MAINPID
ExecStop=/bin/kill -s QUIT $MAINPID
PrivateTmp=true

[Install]
WantedBy=multi-user.target

Nginxの設定

RTMPと、テスト用のプレーヤーページを用意。

sudo vi /usr/local/nginx/conf/nginx.conf

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf

worker_processes  1;

user  www-data www-data;
pid        /run/nginx.pid;

events {
    worker_connections  1024;
}

rtmp {
    server {
        listen 1935;

        application app {
            live on;
            record off;
        }
    }
}

http {
    include       mime.types;
    default_type  application/octet-stream;
    server {
        listen 80;
        server_name  localhost;
        #デフォルトのルートディレクトリは /usr/local/nginx/html
        #変えるのめんどいのでそのまま使う
        location / {
            root   html;
            index  index.html index.htm;
        }
        error_page   500 502 503 504  /50x.html;
        location = /50x.html {
            root   html;
        }
        index index.html index.htm;
    }
}

テスト用のプレーヤーページを作成

テストなのでCDNのvideo.jsを利用させていただき簡易的に作る。

sudo vi /usr/local/nginx/html/live.html

/usr/local/nginx/html/live.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="en" class="">
<head>
    <title>Test Live</title>
    <link href="//vjs.zencdn.net/5.11/video-js.min.css" rel="stylesheet">
    <script src="//vjs.zencdn.net/5.11/video.min.js"></script>
</head>
<body>
    <video id="player" class="video-js vjs-default-skin" height="450" width="800" controls autoplay preload="auto">
        <source src="rtmp://(サーバのIP or ドメイン)/app/StreamKey" type='rtmp/mp4' />
    </video>
    <script>
        var player = videojs('#player');
    </script>
</body>
</html>

一応、所有者を変更しておく。

sudo chown www-data:www-data /usr/local/nginx/html/live.html

Nginxの起動と自動起動設定

sudo systemctl start nginx.service
sudo systemctl enable nginx.service

OBSで配信する際のURL指定


OBSClassicを使う場合は以下の値をいい感じに設定。

設定 -> 放送設定
FMS URL : rtmp://192.168.30.16/app
プレイパス/ストリームキー : StreamKey

使用方法は別途調べてください。

視聴


HTML5が見れるWEBブラウザで以下を開く。

http://(サーバのIP or ドメイン)/live.html

もちろん、配信していないと何も再生されないので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。